Web制作環境を整える その1 – Sublime Text 3 で始める今時の開発環境

Sublime Text で始めよう

Web制作に必要なツールは、何は無くともまずエディタからでしょ、ってことで、素敵なテキストエディタ「Sublime Text 3」を導入します。ちなみに、開発者とって素敵なだけで素人には全くお勧めできないですが。

Sublime Text の現時点でのバージョンは2.0.2ですが、ベータ版としてSublime Text 3が結構前から配布されています。
今回は Sublime Text 3 の64bitポータブル版を導入してみます。

Sublime Text 公式から目当てのファイルをダウンロードします。
ポータブルバージョンもありますが、スタンダードをダウンロードしてインストールしました。

sublime_text.exe を起動しましょう。こじんまりとした黒いウィンドウが表示されました。

このエディタの特徴は、世界中のユーザが作成してくれた追加機能(パッケージ)をオンラインで取得し、機能を強化・カスタマイズしていける点です。と同時に、出来る事が多すぎたり、設定が複雑かつ多すぎなのが初心者にお勧めできない点でもあります。

Dreamweaver や他の統合開発環境と違い、非常に軽快に動作しますし、プロジェクト管理なんかもできちゃいます。

続きを読む

1 2 3 4 次のページへ