lorem ダミーテキストの日本語版を作る for Emmet

eye_lorem-japanese

lorem で表示されるダミーテキストはとてもありがたい機能ですが、英語と日本語ではデザイン的な印象が結構変わってきますよね。日本語フォントがいまいちパッとしないせいもあって、なんかダサく見えたりします。

lorem を日本語で生成できないかなと、Emmetの中身を見てみたら、lorem の言語設定の存在が!
しかし、英語・スペイン語・ロシア語しか用意されていませんでした。
もう少し解析してみると、エクステンションとして好きな言語のダミーテキストを追加できる事がわかったので解説します。

まずは、[Preference] – [Package Settings] – [Emmet] – [Settings -User] を開いて編集します。

追加したのは「preferences」の「lorem.defaultLang」の設定と、「extensions_path」の設定です。エクステンションフォルダは好きな場所を指定できます。デフォルトでは ~/emmet となっています。Linax や MacOSX のホームディレクトリですね。私は Windows なので、Data/Packages/User に emmet フォルダを新たに作成し、フルパスで指定しました。

次に、このエクステンションフォルダ内に、新しくJSファイルを作成します。ファイル名は何でもいいです。私は lorem_ja.js としました。

続いて、作成したJSファイルを編集します。

次のように編集します。
addLangの第1引数は2文字の言語コードを、第2引数は表示させる単語を配列として渡します。

Sublime Text 3 を再起動して、lorem を展開してみてください。単語がランダムに表示されれば成功です。

ピリオドやクエスチョンマークなどが入るのは微妙っちゃあ微妙ですが。

ランダムじゃなくて「あのイーハトーヴォ」とか出したいって方は

Sublime Text:Emmetでダミーテキストを出力する方法+オリジナルダミーテキストをスニペット登録で作成・出力する方法 | NxWorld

を参考にしてみては。